--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.12.14

九州紀行 第4章 4.オチのある話

宮地駅から1駅行くと、本当に最後の目的地となるいこいの村駅に。
このあたりからが一番綺麗に阿蘇山を一望することができます。

とにかく山側に歩いていくことにします。
しかし、少し道を間違えてしまって、来た道を戻る羽目に。
駅近くまで戻ってきたんですが、後残り時間は30分ほどしか残って無いので、とにかく15分行って、折り返す作戦に。

10分ほど歩くと・・・・だんだん雲で山が見えなくなって、ポツポツといやな感触が手のあたりを襲います。
もう、とたんに夕立のような雨。山の天気は変わりやすいと言いますが、まさにその通りです。
さらに風も吹いてもう嵐です。

もう撮影どころではなく、走るようにして坂を駆け下りたのでした。

大阪人らしくオチをつけて最後の散策は終了ですw

でも少しだけ楽しみは残ってるかな?


踏切のキャンバス
0807-2274.jpg
・AF-SDXNikkorED18-55mmF3.5-5.6


休憩中?
0807-2276.jpg
・AF-SDXNikkorED18-55mmF3.5-5.6


牛さん。こっちを見てどんなこと思ってるんでしょうか
0807-2284.jpg
・AF-SDXNikkorED18-55mmF3.5-5.6


駅前の電話ボックス
0807-2294.jpg
・AF-SDXNikkorED18-55mmF3.5-5.6


今からの楽しみはコレ
0807-2296.jpg
・AF-SDXNikkorED18-55mmF3.5-5.6

スポンサーサイト

2008.12.12

九州紀行 第4章 3.無いんですかね

原尻の滝を堪能し尽くした私は、九州の旅最後の目的地、阿蘇へと向かいます。
ここから先、宮地駅までは普通電車で行ったのでは途中の遊び時間がなくなるため、豪華に特急を使います。


豊後竹田からは、ずっと上り坂。
いくつかの集落を越えて駆け上がること2、30分。そこでトンネルに入ります。阿蘇山の外輪山を抜けるわけです。

1枚目が駆け上がっているところ、2枚目がトンネルを抜けて外輪山から、阿蘇のカルデラを見下ろしているところです。

そうこうしている間に、宮地駅に着きました。


次のいこいの村駅まで行って、阿蘇山を眺める予定なんですが、1時間ほど汽車がないので、ココをうろつくことにします。

観光案内所のおねーちゃんに徒歩で行ける観光名所がないか聞いてみる。
「んん~ないですね。えっと近くにおいしいパン屋はありますよっ^^」とのこと
仕方ないので、パン屋に行くw
それだけでは物足りないので、ほかにもコンビニで食料を調達して、とにかく山へ向かって歩いてみることにした。

んん~まあ、無いんでしょうねw

それなりに宮地駅周辺を散策して満足したのだった。

0807-2234.jpg
・AF-SDXNikkorED18-55mmF3.5-5.6


0807-2237.jpg
・AF-SDXNikkorED18-55mmF3.5-5.6


0807-2266.jpg
・SIGMA55-200mmF4-5.6DC


0807-2242.jpg
・AF-SDXNikkorED18-55mmF3.5-5.6


余談ですが、この九州に来てからろくにイイもの食ってませんw
1日目昼おにぎり、夜ラーメン、2日目朝おにぎり、昼弁当、夜ラーメン、3日目 朝旅館の朝食、昼コンビニ弁当、夜コンビニ弁当、4日目朝 昨日の夜の残り、昼コンビニ弁当・・・・

ところが、こんなC級な食生活でも結構おいしい思いしましたよ~

ラーメンは久留米ラーメンを堪能1日目は久留米市内で2日目は日田市内で。
特に日田で食べたラーメンがおいしくて、今度近くに行ったらリピートしてしまいそうです。


それから注目すべきは2日目と4日目の弁当。
その弁当の正体は九州名物かしわめしです!

これには感動しました!2日目は駅弁で、4日目はコンビニ弁当(阿蘇でパン買った後、コンビニで買いました)だったんですが、どっちもめちゃくちゃ美味かったです。
上に乗ってるかしわはどうでも良い感じですが、ご飯が!ご飯が!うまいんです。
ちょっと甘めで醤油がほんのり香って、鶏の旨みとコク、程良いこってり感と・・・
それと錦糸卵がものすごくいいハーモニーを醸し出しています。

はっきり言って駅弁買わんでも、コンビニ弁当でも十分美味いです!

九州に行った際には是非とも食べてみてください。


・・・って、余談長っw続きを読む

2008.12.08

九州紀行 第4章 2.涼をもとめて

この日もとても暑い日でした。
クーラーの効いた部屋少しで良いから休みたい!そう思うほどでした。

でも、屋外にも自然が作りだすクーラーがありました。


と、前置きはおいといて、原尻の滝に行ってきました^^
旧緒方町にある東洋のナイアガラといわれる有名な滝です。

はじめは行く予定がなかったんですが、ネットで地図を見ていたら、以前テレビ番組で放映されていた原尻の滝を偶然見つけて、行程に入れることにしました。

自転車で駅から20分ほどですが、ずっと走っていくと滝はいきなり現れます。

2枚目、3枚目は滝の上から滝壺を見下ろすような格好でとっているので結構怖くて、昼食前ということもあってまた、胃がキリキリとw
とにかく、常備薬として持ち歩いていたポッキーを食べることにしました。ただ、暑さでどろどろにチョコレートが溶けてしまって・・・頭を使いなさいと言いたいところですw
プリッツにすればよかった^^
これも、楽しい思い出ですね

真上に太陽があったので真下に滝を見ることで虹を見ることができるんです。
ちょうど水しぶきがあるところで太陽を背に受ければ虹が出ます。
いろいろ苦労もあって、虹撮りは成功しました。



水辺と人々
0807-2172.jpg
・AF-SDXNikkorED18-55mmF3.5-5.6


虹でました
0807-2185.jpg
・AF-SDXNikkorED18-55mmF3.5-5.6



横から
0807-2189.jpg
・AF-SDXNikkorED18-55mmF3.5-5.6


続きを読む

2008.12.04

九州紀行 第4章 1.いずれ訪れる

由布院から大分まで行き、そこで1泊。


とりあえず、洗濯などを済ませる。洗濯とか、一人旅のこういうのも好きなんですよ。
3泊にわたる旅も明日で終わり。明日からはいつも通りの毎日が始まると思うとなんだか寂しい。
でも、猛暑の中、重いリュックを背負って歩き回るのを続けていたのでさすがに体力も限界だし、ちょうどいい気もするんですけどね^^

次の日は大分-緒方-阿蘇-(熊本)-(小倉)-大阪へという行程


大分駅前
0807-2099.jpg
・AF-SDXNikkorED18-55mmF3.5-5.6


汽車で大分から1時間ほど緒方へ
0807-2101.jpg
・AF-SDXNikkorED18-55mmF3.5-5.6
続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。